OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

「アプリのアクセス権限」、適切に設定していますか? IPAが注意呼びかけ
[ 2021/09/21 ]

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は9月14日、スマートフォンを安全に利用するために重要な「アプリのアクセス権限」についてあらためて注意をよびかけました。

スマートフォンにアプリをインストールするとき・使用しているときに、「アプリのアクセス権限許可」を求めるポップアップが表示されることがあります。正規アプリで問題になることはほぼありませんが、よく分からないままいろんなアプリに許諾してしまい、後になって「情報が漏れているのではないか?」と心配になることもあり、IPAへの相談が増えているようです。

スマホが扱うデータには、プライバシーに関わる情報が多数含まれており、アプリ本来の目的以上の情報まで集めてしまうことは推奨されていません。そのため「アプリごとに、扱えるデータや機能の範囲を、ユーザが確認して許可しよう」という仕組みが設けられています。これが「アプリのアクセス権限の許可」です。たとえば「写真撮影ができるアプリ」の場合なら、「スマホのカメラを使える権限」「撮影した画像をファイルとして保存できる権限」「動画で音声を録音するため、マイクを使える権限」「撮影した場所を記録するため、位置情報にアクセスする権限」などを求められます。

一方で、不正なアプリは必要以上に権限を求め、それを悪用しようとします。不必要に権限を与えてしまうと、「個人情報を盗まれる」「SNSに勝手に投稿される」「自分の行動が記録される」といった被害が発生します。

「アプリのアクセス権限の許可」を求めるポップアップが表示されたときは、いったん落ち着いて「この権限を与えても大丈夫かどうか」を考えてください。たとえば、単なるお絵かきアプリなのに、「連絡帳へのアクセス」「位置情報へのアクセス」などを求めてくるようなアプリは、かなり不審だといえるでしょう。アプリの機能に不要なはずの権限を要求するアプリは、不正な可能性が高いといえます。

アプリのアクセス権限は、アプリを新規インストールするときと、初めて機能を使うときに確認できます。また、スマートフォンの「設定」メニューから確認・変更することも可能ですので、定期的に権限を見直してください。

アクセス権限の許可を求めるポップアップの例(左:iOS、右:Android。IPAの発表資料より)
アクセス権限の許可を求めるポップアップの例(左:iOS、右:Android。IPAの発表資料より)


Copyright © 2023 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

製品ピックアップ

特集