OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

「夏休み前のセキュリティ確認」を内閣官房が事業者に呼びかけ、5つのリスクに対策を
[ 2021/07/27 ]

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は7月21日、重要インフラ事業者などに向けて「夏季休暇等にともなうセキュリティ上の留意点について」を公開するとともに、情報セキュリティの確保を改めて呼びかけました。

年末年始、ゴールデンウィーク、そして夏休みなどの長期休暇は、スパムメールやサイバー攻撃が増加する時期ですが、一方でセキュリティ被害やインシデントが発生した場合でも、セキュリティ担当部門との連絡が付きにくく、対処が遅れがちです。今年は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に便乗したサイバー攻撃がすでに発生していますが、現在、東京2020オリンピック・パラリンピック大会が開催されており、これに便乗するサイバー攻撃の発生も考えられます。

こうした背景からNISCでは、特に以下の5種のリスクについて、対応策を検討するよう事業者に呼びかけています。

(1)テレワークに関するセキュリティリスク
 ネット機器の設定見直し、監視強化、認証情報の適切な管理など
(2)ランサムウェアに関するセキュリティリスク
 予防策、感染した場合の緩和策・対応策などをあらかじめ検討
(3)新たに確認された脆弱性に関するセキュリティリスク
 ソフトウェアや機器の脆弱性に留意、特にVPN装置やサーバ関連
(4)東京2020大会に関するセキュリティリスク
 関係者を騙ったメールやフィッシングサイトに注意、連絡体制・対処体制の確認
(5)長期休暇にともなうリスク
 長期休暇中の脆弱性対応の遅れ、インシデントの伝達遅れなど

こうした対応は、長期休暇に限らず日常的なセキュリティ対策としても重要です。企業の担当者は、日頃から注意するようにしましょう。


Copyright © 2023 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

製品ピックアップ

特集