OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

Windowsの印刷スプーラーに脆弱性、すでに悪用する攻撃が発生中につき注意を
[ 2021/07/07 ]

■追加情報(2021年7月9日更新)
米国時間の2021年7月6日と7日、マイクロソフトはこの脆弱性(CVE-2021-34527)を修正する更新プログラムを公開しました。利用者の方々には迅速な適用を推奨します。


独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は7月5日、Microsoft Windowsの「Windows Print Spooler」(印刷スプーラー機能)に存在する脆弱性について、あらためて注意を呼びかけました。

マイクロソフトが7月1日(米国時間)に公表した情報によると、この脆弱性(CVE-2021-34527)は通称「PrintNightmare」と呼ばれているもので、悪用された場合、任意のコードを実行されるなどの被害が予想されます。マイクロソフトはこの脆弱性について「悪用の事実を確認済み」としていますが、更新プログラムについては詳細な内容を調査中のため今後のリリースとなるとしています。更新プログラムリリース前に悪用が確認されている、所謂「ゼロデイ」の状態であるため、今後被害が拡大するおそれがあります。

影響を受ける可能性があるのは、以下のWindows製品です。

・Windows Server 2008 / R2
・Windows Server 2012 / R2
・Windows Server 2016
・Windows Server 2019
・Windows Server
・Windows 7
・Windows 8.1
・Windows RT 8.1
・Windows 10

更新プログラムが配布されるまでの間は、「Print Spoolerサービスを停止し無効にする」「グループポリシーを使用して、インバウンドからのリモート印刷を無効にする」といった回避策、あるいは「特定のグループに所属するユーザアカウントを削除する」といった緩和策をとってください。詳細については Microsoft 社の案内を参照してください。


Copyright © 2023 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

製品ピックアップ

特集