OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

「Trello」利用者は改めて設定の確認を、「公開」設定だと第三者が閲覧可能な状態に
[ 2021/04/07 ]

タスク管理サービス「Trello(トレロ)」の利用に際し、本来関係者以外に公開すべきではない情報が、ネット上で誰もが参照できる状態になっている利用者が複数いるとし、サービス運営元であるアトラシアンは注意を呼び掛けています。

「Trello」は、情報を記入できるカード欄とそれをまとめた「リスト」や「ボード」を使って、柔軟にタスク(仕事)を管理できるサービスです。複数人の使用にも対応しており、チームでの情報共有に利用している企業も多数あります。
一方、利用者の設定ミスによって、本来公開すべきではないと思われる情報が複数公開されているとして、各所が警笛を鳴らしています。

アトラシアンの説明によると、Trelloの初期設定ではボードは「非公開」になっているとともに、意図しない公開ボードの作成を回避するため、ボードを公開する際には、ユーザの意図を確認する仕組みが搭載されているとのことです。そのため、Trelloのユーザが正しく利用状況を把握せず、公開範囲を選択してしまった可能性が高いとしています。

Trelloに限らず、情報共有や保存を行うオンラインサービスを利用する際は、公開範囲や利用規約、プライバシーポリシーなどを十分に理解した上で利用してください。利用者の認識不足や、設定ミスにより情報漏えいに至った例は枚挙にいとまがありません。また、勤務先で許可されていないツールの勝手な利用はトラブルや事故の元です。組織のルールやガイドラインに沿って活用しましょう。


Copyright © 2023 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

製品ピックアップ

特集