OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

シェアオフィスなどの「共同利用型オフィス」が抱えるセキュリティ課題と対策を解説|SIOTP協議会
[ 2021/03/16 ]

一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP協議会)と一般社団法人日本テレワーク協会は3月10日、「共同利用型オフィス等で備えたいセキュリティ対策について」第2版を公開しました。

シェアオフィスなどの「共同利用型オフィス」では、一般的なオフィスとは異なるセキュリティ対策が、提供側、利用者側の双方に求められます。こうした背景から、SIOTP協議会では2019年7月に、サイバーセキュリティに係る課題と対策について取りまとめた第1版を公開していました。今回公開された第2版は、コロナ禍などにより急拡大したテレワークの最新状況を踏まえ、内容を更新するとともに、よりわかりやすい記述へと変更されています。

主な内容としては、セキュリティ課題と対策として「管理体制(セキュリティポリシー・トレーニング等)」「入退室管理・利用者情報」「ネットワーク機器(無線LANアクセスポイント・ルーター等)」「ネットワーク接続機器(複合機・防犯カメラ等)」「レンタルPC」「物理設備(ロッカー等)」の6項目を採り上げているほか、無線LANのセキュリティ方式や電子証明書などについてもコラムで解説しています。また、チェックシートに確認項目がまとめられており、共同利用型オフィスの運営者が現状を把握しやすいようになっています。

「共同利用型オフィス等で備えたいセキュリティ対策について」第2版は、PDFファイル(全25ページ)がSIOTP協議会のサイトから無償でダウンロード・閲覧可能です。シェアオフィスやコワーキングスペース、レンタルオフィスなどの提供者は、対策や管理の参考にすると共に、利用者側もシェアオフィスなどの選定時に役立てると良いでしょう。

Copyright © 2023 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

製品ピックアップ

特集