OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

訓練用の攻撃メール、「役職者」が「肩書なし」と比較して開封率高い結果に|東京商工会議所
[ 2021/03/12 ]

東京商工会議所は3月10日、会員企業を対象に実施した「標的型攻撃」メール訓練の結果を発表しました。会員企業(従業員100名以下)の経営者・従業員を対象としたもので、今回の訓練には89社・651名からの申し込みがあり、2020年12月10日~18日の期間に行われました。

この訓練では、東京商工会議所から訓練対象者のメールアドレスに、訓練用の標的型攻撃メールを送信し、訓練対象者がメール本文内のURLをクリックしてしまったら、「開封」としてカウントします。その結果、全体の開封率は、24.0%(実施人数:651名、開封:156名)でした。前年に行われた同種の訓練(70社・560名)では25.4%の開封率だったため、そこからは微減していますが、まだまだ高水準であることがわかります。

従業員数で比較すると、もっとも開封率が高かったのは「21~50名」28.2%、もっとも開封率が低かったのは「0~5名」5.6%の企業でした。役職で比較すると、「肩書あり(経営者・経営幹部以外)」31.7%、「経営者、経営幹部」22.6%、「肩書なし」20.6%で、役職者の方が開封率が高い結果となりました。

特定の企業・組織を狙う「標的型攻撃」は、経営に大きなダメージを与えかねない危険な攻撃です。各企業は、適切なセキュリティ対策を導入するとともに、経営層も含めて訓練や従業員教育を定期的に行い、一人ひとりのセキュリティに対する意識を高めましょう。

訓練メールの本文(東京商工会議所の発表資料より)
訓練メールの本文(東京商工会議所の発表資料より)



Copyright © 2023 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

製品ピックアップ

特集