OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

システム担当者は2021年夏の祝日移動に注意を
[ 2021/01/06 ]

今年の夏は1年延期となった「東京オリンピック・パラリンピック2020」の開催が予定されています。これにともない2021年のみ、祝日が移動することが日本政府から発表されています。

具体的には、「海の日」が7月22日に、「スポーツの日」が7月23日に、「山の日」が8月8日に移動します。さらに8月8日は日曜日にあたるため、8月9日が振替休日となります。祝日を移動させると、オリンピック開会式の7月23日前後が4連休、オリンピック閉会式の8月8日前後が3連休となりますが、これにより、東京中心部の混雑を緩和し、選手や観客のスムーズな移動を図るとともに、一般の経済活動や市民生活と共存するのが狙いです。なおこの移動は、「令和三年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法」に基づくもののため、2021年1回限りの移動です。

こういった変則的な祝日・休日は、一般的な営業やサービス提供に加え、勤怠管理・給与管理、さらにはセキュリティに影響を与えます。とくに今回の祝日移動は、2020年11月末に正式決定したため、一部のカレンダーでは祝日移動が反映されておらず、人によっては祝日移動を把握していなかったり、誤った日程で予定をたてていたりする可能性があります。

システム管理者は、自社サービスやシステムの設定、動作、メンテナンススケジュールなどに問題がないか、連休期間の人員確保に問題がないかなど、早期に確認・対処しておくのが望ましいでしょう。特に組織インフラの定期パッチ作業は、休日や平日深夜に行われることが多いため今回の休日移動に合わせてメンテナンススケジュールに変更の必要が生じないか再確認をすると良いでしょう。また、各種スケジュールデータに、祝日を反映させること、そして2022年までに元に戻す作業も着実に行いましょう。


Copyright © 2023 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

製品ピックアップ

特集