OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

警視庁がLINE公式アカウント「CYBER POLICE」開設、サイバー犯罪情報などを配信
[ 2020/08/27 ]

LINE、メルカリ、警視庁(サイバーセキュリティ対策本部)、中央大学の4者は8月26日、LINE公式アカウント「CYBER POLICE」(LINE ID:@cyberpolice)を開設しました。ネット上でのトラブル回避に必要な知識や、正しい情報の見分け方などの提供を目的としたアカウントです。

中央大学では、新型コロナウイルスの影響で、学生の学修環境がオフラインからオンラインへと移行し、活動機会が広がることが想定されています。またメルカリでは、これまで青少年や保護者・教員を対象に、フリマアプリの仕組みやトラブルに巻き込まれないための方法・事例を伝える教育プログラムを提供していましたが、このような活動も、オフラインからオンライン中心に移りつつあります。

LINE、メルカリ、警視庁、中央大学の4者は2019年12月に産官学連携についての協定を締結しており、青少年向けのサイバーセキュリティ教育、さらには、サイバーセキュリティの中核を担う人材育成に力を入れています。こうした背景から今回、警視庁が主体となってLINE公式アカウント「CYBER POLICE」を開設し、LINEを通してさまざまな啓発活動を行うとのことです。


LINE公式アカウント「CYBER POLICE」イメージ(公式発表より)
LINE公式アカウント「CYBER POLICE」イメージ(公式発表より)


具体的には、今まさに起こっているサイバー犯罪などの注意喚起を、アカウントの友だち全員に一斉配信するほか、セグメント配信機能を活用し、それぞれの要望に沿った情報提供を行います。ジャンルとしては、「サイバー犯罪情報」「サイバーセキュリティ教育に関する情報」「SNSの利用に関する情報」「フリマアプリの安全利用に関する情報」の4つが用意されており、利用開始時のアンケートで選択できます。

LINE公式アカウント「CYBER POLICE」を利用する場合は、LINEの「友だち追加」からQRコードの読み込みを行ってください。検索機能が使えるユーザは、LINE ID「@cyberpolice」を検索して追加することも可能です。

LINEを介したネットセキュリティへの取組としては、トレンドマイクロにおいても無償で利用できる「ウイルスバスター チェック!(@trendmicro_vbcheck)」を提供しています。LINEの友達に追加することで、サイトにアクセスする前にトーク画面でURLの安全性を判定することができ、不正サイトへのアクセス回避につながります。また、昨今注目されている個人情報漏えい被害への対策として、自身のメールアドレスがネット上に流出しているかどうかを確認することも可能です。「CYBER POLICE」アカウントとあわせてセキュリティ対策に役立てましょう。

ウイルスバスター チェック!


Copyright © 2023 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

製品ピックアップ

特集