OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

ショートメッセージなどで1.2万人以上を出会い系詐欺サイトに誘導、類似サイトに要注意
[ 2020/07/28 ]

トレンドマイクロは7月21日、公式ブログで「実例で見るネットの危険:SMSから出会い系詐欺サイトへの誘導」と題する記事を公開しました。

この5月、トレンドマイクロのリサーチャは、出会い系詐欺に関連して、類似した構成・レイアウトの不審なサイトが多数存在し、日本から多くのユーザがアクセスしていることを確認しました。トレンドマイクロのクラウド型セキュリティ技術基盤「Smart Protection Network」のデータから、関連する複数の出会い系詐欺サイトを調べたところ、4月~6月の3か月間で、1日平均500件(最大4,250件、最小181件)の不正ドメインが稼働していました。そしてこれらのドメインに、日本からのべ1万2,000人以上の利用者が誘導されていました。

出会い系詐欺への誘導手法は、メールから携帯電話番号宛に届くテキストメッセージ(SMS、ショートメッセージサービス)に移行しています。今回確認された出会い系サイトらしきページでは、メンバー登録や支援金受け取りのためのポイント購入を勧められますが、ポイントを購入しても実際にはサービスや支援金の授受は行われません。また料金表を見ると、メール送信や閲覧などに1万円もかかると記載されています。そして、この出会い系サイトの運営組織の所在地を調べると、香港やフィリピンなどとされており、日本国内ではありません。日本語で作成された日本のユーザ向けの出会い系サイトであるにもかかわらず、所在地が日本でないことに加え、運営元情報も画像ファイルとして貼り付けられており、情報の差替えを容易にしているものと考えられるなど不審点が多数存在します。さらに、正規の事業者であれば掲げているはずの、特定商取引法による許認可「受理番号」の記載もありませんでした。


図:今回確認された類似デザインの出会い系詐欺サイト例
図:今回確認された類似デザインの出会い系詐欺サイト例



図:詐欺サイトへ誘導するSMSメッセージ例
図:詐欺サイトへ誘導するSMSメッセージ例


利用者は危険を避けるためにも、このような事例に関わらずメールやメッセージ内のリンクを安易にクリックしてアクセスしないようにしましょう。確認の必要がある場合には、サイトにアクセスする前にセキュリティ製品や検索サービスを利用し、不審なサイトではないか、正規のサイトかどうかといった真偽を確かめる習慣を身に着けてください。
詐欺サイトに情報を入力してしまうと、一過的な金銭被害や情報の悪用に留まらず、さらなる詐欺や情報の売買などにもつながる恐れがあり、継続的に狙われてしまう可能性もあります。

トレンドマイクロでは、「Webサイトにアクセスする前に、安全かどうか確かめたい!」そんな時にご利用いただける、LINEで使える無料のウイルスバスターチェック!(試験運用中)を提供しています。Webサイトが安全かどうかを「〇△×」で判定してくれます。スマホにセキュリティアプリをまだインストールしていない場合は、このような対策からまず始めてみましょう。


LINE ウイルスバスター チェック!


Copyright © 2023 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

製品ピックアップ

特集