OCNセキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

最新セキュリティ情報

高校生のネットリテラシーテスト、「セキュリティリスク」の正答率が上昇|総務省
[ 2020/07/17 ]

総務省は7月17日、青少年のインターネット・リテラシーに関する調査結果を公表しました。

総務省では、ネット上の危険・脅威に対応する能力、その現状の可視化を目的に、2012年度より毎年、「ILAS」(Internet Literacy Assessment indicator for Students:青少年がインターネットを安全に安心して活用するためのリテラシー指標)を使った調査を行っています。2019年度は高校1年生7,252名(57校)にテストおよびアンケートを実施しました。

その結果、テストの正答率は68.7%で、過去4年間の平均である68.8%とほぼ同等でした。一方で7つの項目別に見ると、「セキュリティリスク」の正答率が上昇している(2015年度65.3%→2019年度66.8%)一方で、「不適切利用リスク」(2015年度82.4%→2019年度78.9%)、「有害情報リスク」(2015年度68.2%→2019年度66.0%)の正答率が下降していました。また、ほとんどの設問で、男子より女子の正答率が高いこともわかりました。

アンケートでは、高校生の97.5%がインターネット接続機器としてスマホを保有。携帯/固定ゲーム機が48.9%がそれに続きます。ただし実際に利用するのは、ほぼスマホ一色で92.5%に達しており、他機器は1桁台です。平日の1日当たり平均のスマホ利用時間は「2~3時間」が25.1%で最多。「1時間未満」4%、「1~2時間」16.8%と、高校1年生の約8割が、毎日2時間以上スマホを使っています。なかには「6時間以上」10.3%も存在します。これが休日の1日当たり平均利用時間になると「6時間以上」29.7%が最多。昨年の19.2%から10ポイント以上も上昇していました。

「フィルタリング」を認知していた高校生は74.7%で、前年度の69.2%から上昇。これは2019年8月に総務省タスクフォースがとりまとめた対策に基づく取り組みが奏功したと思われます。また高校生の74.7%は、「フィルタリングは、有害なサイトやアプリの閲覧を制限し、安心にインターネットを使うことを可能にしてくれるもの」と肯定的に捉えていました。一方で「ペアレンタルコントロール機能(利用時間制限、利用状況確認、コンテンツの閲覧制限等)」に関しては、高校生の60.6%が「そもそもよく知らない」と答えています。またSNSなどの利用について家庭でのルールがある高校生のほうが、ルールがない高校生に比べフィルタリング利用率が高く、テストの正答率も高いことも明らかとなっています。

総務省の公式Webサイトでは「2019年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等に係る調査結果」とともに、さまざまな普及啓発資料を公開しています。


2019年度ILASの結果(経年比較、総務省の発表資料より
2019年度ILASの結果(経年比較、総務省の発表資料より


Copyright © 2023 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

製品ピックアップ

特集