OCN セキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

セキュリティコラム

ひろしとアカリのセキュリティ事情 パスワード管理ツールを使うべき理由
[ 2020/11/05 ]
ツトム「ご機嫌だね」、ママ「新しいショッピングサイトがオープンしたの。これから利用登録」
ツトム「パスワード考えた?」、ママ「まだ。パスワードの使い回しはダメなんだよね」
ツトム「うん。あと、複雑なパスワードにしなよ」、ママ「わかってる。だけど…」
ママ「いつも忘れちゃうからパスワードの再設定ばっかり」、ツトム「…」(苦笑)

アカウント管理を安全かつ快適に行うために

インターネット上には、ショッピングサイトやSNS、Webメール、クラウドストレージなどの便利なサービスがあふれています。サービスの多くは利用登録が必要で、個人情報を求められるケースもあります。さて、みなさんは登録したサービスのアカウントをどのように管理していますか。

トレンドマイクロの調査*では、インターネットサービス利用者の約6割が複数のサービスにおいて1~3種類のパスワードを使い回していることがわかりました。また、多くは「異なるパスワードを考えるのが面倒」「異なるパスワードを設定すると忘れてしまう」などの理由から、セキュリティ上のリスクを認識しながらも同じパスワードを使い回しているようです。
*2020年8月実施インターネット調査 「パスワードの利用実態調査 2020」、有効回答数515

図:パスワードの使い回しは全体の85.7%、特に1~3種の使い回しが56.7%と大半を占めている(N=515)、単一回答

図:パスワードを使いまわす理由(N=441)、複数回答

複数のサービスで同一のIDとパスワードを使い回していると、どのようなリスクが生じるでしょうか。たとえば、フィッシング詐欺やサービス事業者へのサイバー攻撃などをきっかけにIDとパスワードの組み合わせが流出してしまうと、各種サービスのアカウントを芋づる式に乗っ取られてしまう可能性があります。

アカウントを安全に管理するポイントは、サービスごとに異なるIDとパスワードの組み合わせを使用することです。第三者に推測されにくいパスワードを設定することや、サービス事業者から提供されるワンタイムパスワードなどの二要素認証機能を併用することも重要です。しかし、利用するサービスの数が増えてくると、これらのポイントを踏まえたアカウント管理は思いのほか負担になります。複雑なパスワードを作ったり、メモを参照しながらフォームに入力したりするのも面倒です。

そのような場合は、パスワード管理ツールが便利です。これを使えば、利用中のサービスと、IDとパスワードの組み合わせを安全に管理することが可能です。たとえば、トレンドマイクロのパスワードマネージャーでは、事前に登録したマスターパスワードでログインし、目的のサービスページに移動すると、入力フォームにIDとパスワードが自動入力**されます。このため、1つのマスターパスワードさえ厳重に管理すれば、ほかのサービスのIDとパスワードを覚える必要がありません。また、他のサービスで登録済み、あるいはネット上に流出しているパスワード、脆弱なパスワードを指摘し、新たに強固なパスワードを自動生成してくれます。それを利用すれば、少なくとも「異なるパスワードを考えるのが面倒」「異なるパスワードを設定すると忘れてしまう」といった理由でのパスワードの使い回しを防げるはずです。アカウント管理の煩わしさを解消したい方はパスワード管理ツールを試してみましょう。
**自動ログインに対応しているサイトのみで有効。

コンテンツ提供: トレンドマイクロ「is702」

Copyright © 2023 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

製品ピックアップ

特集