OCN セキュリティ対策(個人・中小企業のお客さま)

 

セキュリティコラム

 
Office 2010のサポート期間もあとわずか サポート切れのソフトを使い続けてはいけないワケ
 
[ 2020/09/30 ]
Office 2010のサポート期間もあとわずか サポート切れのソフトを使い続けてはいけないワケ

マイクロソフトは、Microsoft Office 2010のサポートを2020年10月13日に打ち切ることを告知しています。Office 2010をはじめとするソフトのサポート終了は、ユーザーにどのような影響を及ぼすのでしょうか。それを理解し、適切に対処しましょう。

Office 2010のサポートが終了に

2020年1月にサポート期間の満了を迎えたWindows 7に続き、Microsoft Office 2010(Excel 2010、Word 2010、PowerPoint 2010)も2020年10月13日をもってすべてのサポートが終了します。

みなさんはWindowsやMacなどのOS(基本ソフト)、Officeなどのソフトにサポート期限があることをご存じですか。たとえば、マイクロソフト製品は、発売日を起点として最低5年間の「メインストリームサポート」と、それに続く最低5年間の「延長サポート」の2段階のサポートが提供されます。メインストリームサポート期間は、更新プログラムの提供をはじめとする各種サポートが無償で提供され、新機能の追加や仕様変更なども行われます。延長サポート期間に入ると、更新プログラムの提供を除く無償サポートが終了し、有償サポートに切り替わります。その期間が終了すると、マイクロソフトによるすべてのサポートが打ち切られます。

ソフトのサポート終了が意味することとは?

Office 2010のサポートが終了してもソフトが起動しなくなるわけではなく、これまでと同じように使えます。では、Office 2010をはじめとするソフトのサポート終了はユーザーにどのような影響を及ぼすのでしょうか。

大きく2つあります。1つは、サポート対象外となったソフトについての問い合わせを開発元に一切受け付けてもらえなくなることです。これは、ソフトに不具合などの何らかの問題が生じても開発元に動作検証やプログラムの改修を行ってもらえないことを意味します。

もう1つは、新たな脆弱性(セキュリティ上の欠陥)が見つかっても、それを修正する更新プログラムが提供されなくなることです。これは、ソフトを安全に使い続ける上で見過ごせない問題です。

脆弱性はプログラムの開発時には見つからなかった弱点や不具合、設計ミスなどが原因で生じるセキュリティ上の欠陥で、マルウェア(ウイルスなどの不正プログラムの総称)感染や情報漏えいなどの要因となる深刻なものも含まれます。通常、ソフトのサポート期間内に脆弱性が見つかった場合、その開発元は脆弱性を修正する更新プログラムを作成し、ユーザーに無償で提供します。ユーザーはそれを適用することでソフトを安全に使い続けることができます。たとえば、Officeなどのマイクロソフト製品では「Microsoft Update」を通じて更新プログラムをインストールする仕組みになっています。

しかし、サポート切れのOffice 2010では原則、更新プログラムが提供されません。つまり、サポート終了後に見つかったOffice 2010の脆弱性は放置されることになり、その脆弱性を悪用する外部からの攻撃に対して無防備になってしまいます。結果、マルウェア感染や情報漏えいといった被害に遭うリスクが増してしまうのです。

新たな脆弱性が修正されないOffice 2010はサイバー犯罪者の格好のターゲットになるかもしれません。サポート終了後、使い続ける期間が長くなればなるほどリスクが高まってしまうため、できるだけ早くアップグレードすることが望まれます。IPA(独立行政法人情報処理推進機構)によると、2019年1月から6月までにJVN iPedia(一般向けに公開される脆弱性情報データベース)に登録されたOffice 2010の脆弱性は22件。脆弱性の深刻度別割合は、全体の55%(22件中の12件)が3段階中最も深刻度の高いレベル3でした。

Office 2010のユーザーは直ちにアップグレードを

まずは、みなさんがご利用のOfficeのバージョンとサポート期限を確認してみましょう。

Officeのバージョンを確認する方法

Word、あるいはExcelを起動し、「ファイル」タブをクリック後、画面左側の「ヘルプ」、もしくは「アカウント」へ進みます。すると、Officeのバージョンが表示されます。「ヘルプ」の項目がない場合は、Office 2010に該当しないと考えられます。その場合は、「ファイル」から「アカウント」または「サポート」に進みます。Macで利用している場合は、「バージョン情報」から確認できます。
※項目名はOfficeのバージョンによって異なります。

Office 2010を利用中で、今後もOfficeシリーズを安全に使い続けたいと考えている方は、サポート期限が切れる前にサブスクリプション版の「Office 365」か、永続ライセンス版の「Office 2019」にアップグレードしましょう。

Office 2010だけでなく、Office 2016 for Macも2020年10月13日にすべてのサポートが終了します。Office 2016 for Macのユーザーもサポート期限が切れる前にサブスクリプション版の「Microsoft 365 Personal」か、永続ライセンス版の「Office Home & Student 2019 for Mac」、「Office Home & Business 2019」にアップグレードしてください。

サポート終了前にアップグレートが必要なのはOfficeシリーズに限った話ではありません。WindowsやMacなどのOSはもちろん、Adobe Acrobat Readerなどのソフト全般にも言えることです。パソコンにインストールされているOSやソフトのバージョンとサポート期限を改めて確認してみましょう。サポート期間内のOSやソフトは常に最新バージョンに更新しながら利用することも大切です。セキュリティソフトも同様、常に最新の状態に保ちながら利用し、最新の脅威にも対処できるようにしましょう。

コンテンツ提供: トレンドマイクロ「is702」

Copyright © 2023 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

その他のお取り扱い製品

Internet SagiWall for マルチデバイス

FFRI yarai Home and Business Edition


OCNセキュリティトップ

危険なサイトへのアクセスを防ぎ
SNSのプライバシーを守る

ウイルス対策から
パスワード安全管理まで

迷惑メールフィルターが
Webメールにも対応

特集

目的からサービスを探す
「ぴったりナビ」

おすすめセキュリティ製品

製品ピックアップ

特集

OCN