OCN IPv6インターネット接続

IPv6アドレスでインターネットに簡単接続できます。 OCN IPv6 インターネット接続

OCNのIPv6対応について

従来のPPPoE方式*1によるインターネット接続機能に加えて、ネットワーク設備の大容量化およびIPv6対応を可能にするIPoE方式*2のインターネット接続機能を導入します。これにより、IPv4通信とIPv6通信の分散化を行うことで、利用の集中による混雑の緩和を図り、通信品質の向上に努めます。

IPv6とは

IPv6とは、「Internet Protocol Version 6」の略で、IPv4の後継となる次世代のインターネット・プロトコルです。IPv4と比較してアドレスが128ビットに拡張されていることから、膨大な数のアドレス付与が可能となり、IPv6では数的に地球上のあらゆる物をインターネットへ接続できるようになります。 現在、世界中で「IPv6」への移行の取り組みが進められています。OCNでも、お客さまに将来にわたって安定的にインターネットをご利用いただけるよう、移行を進めています。

*1 PPP over Ethernetの略。インターネットの利用者とISP事業者間の接続で多く利用されている従来型の接続方式のこと。

*2 IP over Ethernetの略。Ethernetを使ってIPパケットを伝送する方式のこと。この方式を採用したことで、混雑しがちだったPPPoE方式を経由せずOCNバックボーンへ直結、スループット(トラフィック流量)が向上いたします。

概要

IPv6インターネット接続は、「IPoE方式」と「PPPoE方式」の2種類があります。

OCN IPv6インターネット接続機能

追加料金なし標準提供!

IPoEインターネット接続機能

快適にインターネットをご利用いただくため「OCN」の対象プランの標準機能として、IPoE*1(IPv4 over IPv6*2)方式を用いたインターネット接続環境を提供します。申し込みも設定も不要!対応ルーターに接続するだけで、リモートワーク中のオンライン会議も、高画質の動画再生も快適です!

「IPoEインターネット接続機能」の詳細はこちら

*1 IP over Ethernetの略。Ethernetを使ってIPパケットを伝送する方式のこと。この方式を採用したことで、混雑しがちだったPPPoE方式を経由せずOCNバックボーンへ直結、スループット(トラフィック流量)が向上いたします。

*2 IPv6ネットワーク上で実現するIPv4インターネット接続。これまで、IPv4通信は、混雑しがちなPPPoE方式での通信でしたが、IPoE方式により、IPv4通信もIPv6ネットワークを通ることで、スループット(トラフィック流量)が向上いたします。

ネット回線についての総合サイト

ドコモ光のプロバイダ OCNインターネットのメリット・デメリット
最強 光回線のWi-Fiルーター5選
どこに置く?ベストなWi-Fiルーターの置き場所は?繋がりにくいときの対処法も解説!

開催中の特典

1ギガ・10ギガお申込みで還元特典! 1ギガ 新規・事業者変更37,000円還元(転用の場合は32,000円)~ 10ギガ 新規50,000円還元(事業者変更の場合は37,000円、転用の場合は32,000円)※対象プラン、対象者の条件があります。詳しくはこちら